開催概要

文化庁メディア芸術祭松山展
テーマ「MOVE――メディアで拡がる身体表現」

松山市は、松山藩を統治していた松平家が「能」に親しんでいたことから、能楽の盛んな土地柄です。現在でも市内では能舞台の体験講座や舞囃子観覧が開かれ、能楽に親しむ習慣は、現代のパフォーミングアーツへの関心にも強く結びついていると言えます。
「MOVE――メディアで拡がる身体表現」と題した本展は、デジタルテクノロジーを駆使した芸術表現やアニメーションやマンガ作品といった同時代の芸術作品が見せる身体表現のあり方をテーマとしています。身体や動きの描写力、メディアテクノロジーによって気づく私たちの新たな身体感覚など、現代における身体表現の多様性を横断的に紹介します。
動くものを見る。
動く音を聞く。
身体で体感する。
心で感じる。

新しいメディアとともに発展する表現=「メディア芸術」にある新しい感覚 感動、流動、
波動――。多様化する創造性と、変化し続ける感覚=MOVEを体感する展覧会です。

文化庁メディア芸術祭 松山展 概要
会 期 2014年9月5日(金)〜2014年9月21日(日)
会 場 愛媛県美術館
開館時間 Open 9:40 >>> 18:00(展示室入場は17:30まで)
休館日 9月8日(月) 9月16日(火)
入場料 無料
URL http://mediaarts.kaiworks.com/
主催 文化庁
後援 愛媛県
愛媛県教育委員会
松山市教育委員会
松山商工会議所
公益社団法人愛媛能楽協会
愛媛新聞社
南海放送
テレビ愛媛
FM愛媛
協力 愛媛県美術館
松山市
道後温泉本館改築120周年記念事業実行委員会
NPO法人シアターネットワークえひめ
河原学園河原デザイン・アート専門学校
学校法人松山ビジネスカレッジ
企画・運営 文化庁メディア芸術祭松山展事務局 (Kai Works株式会社)

主催:文化庁

後援:愛媛県 愛媛県教育委員会 松山市教育委員会 松山商工会議所 公益社団法人愛媛能楽協会 愛媛新聞社 南海放送 テレビ愛媛 FM愛媛

協力:愛媛県美術館 松山市 道後温泉本館改築120周年記念事業実行委員会 NPO法人シアターネットワークえひめ 河原学園河原デザイン・アート専門学校 学校法人松山ビジネスカレッジ

企画・運営:文化庁メディア芸術祭松山展事務局 (Kai Works株式会社)

Copyright© 2014 Agency for Cultural Affairs. All Rights Reserved.